たおやかなるアテネの空の下で

アテネオリンピック・パラリンピックを現地観戦して日本代表を応援するブログでした。
主にバスケットボール・ウィルチェアラグビーを中心に応援しています。
同じアドレスで携帯からも読めます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ただいま
やっと日本に帰ってきた。

ドイツからずっとしっとりした天気続き。成田に帰ったら大雨。
まあアテネで二ヶ月乾燥した体にはちょうどいいだろう。

弟が dancyu 見て作ったカレーを食う。うまひ・・・(泣)

フランクフルトで切羽詰ってかけた電話は、「オレオレ詐欺」じゃないかと疑われていたらしい_| ̄|○

明日は居酒屋へ行こう ^_^

パラフォトの横浜の写真展の手伝い、沖縄・浦添市でのパラリンピック写真展の準備、そして静岡・藤枝市でのWリーグ観戦、神戸での車椅子バスケットボール女子の日本選手権の観戦と撮影、取材・・・と、いっぱいやることがある。

ちょっと休んで、すぐに取り掛かろう。

雨もいいもんだ
雨もいいもんだ

ちゃんとしたカレーライス。うまい
ちゃんとしたカレーライス。うまい
| Athens & Greece | 02:29 | comments(4) | trackbacks(0) |
アテネよさらば
アテネ空港の搭乗ゲートにて。

感動したこと、うれしいことも、悔しいことも、腹が立ったことも、とにかく、とにかく、いろんなことがたくさんあった。

・・ありすぎた。

とにかく、忘れ得ぬ2ヶ月間になった。

いろいろあったけど、2ヶ月間世話になった、ギリシャの人々に感謝したい。ありがとう!

・・・で、4日に帰国する予定。

・・・えっ?

そう、ちょっとドイツに寄ってから帰ることにしている。またそこからエントリーを入れよう。

フランクフルト行きの飛行機が、パラリンピックのブラジル選手団と一緒になった。水泳で金メダルを取った(と自分で言っていた)アドリアーノ(スペルわからず)という選手の写真を撮らせてもらった。

車椅子の人から先に搭乗するから、もうそろそろフライトの時間なのだが、まだ当分乗れそうにない。

・・・機内が騒がしそうだなあ・・・

長旅はこれからだからさ
長旅はこれからだからさ
| Athens & Greece | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
辛い別れ*
アパートのそばの「うまいギロピタ屋」の Vagelis に最後に行ってきた。

もう、ここのギロピタ (Gyros Pitas、スライス肉) 、ソバラキピタ(Souvlaki Pitas、串焼き肉)を、この2ヶ月で何十個食べたことだろうか。アパートと仕事場のザピオン・プレスセンターの間にあるので、もう1日と開けず食べていた。1日に2回食べていたこともざらだった・

こんなにうまいギロピタ、ソバラキ (Souvlaki)ピタがたったの 1.5ユーロ。アテネ中で一番うまい。他の店もいろいろ行ったが、結局ここに戻ってきてしまう。

日本の選手もここには沢山来ていた。昨晩はウィルチェアラグビーの面々と一緒に来て、うまい地ビール (Mythos) を飲みながら、沢山食べた。
選手村のメシもいまいちだったらしく、みんな「こんなにうまくて安いのをなんで選手村で食べられないかなあ!」と言っていた。ちょっと遅かったね ^^;

この店の人たちともとても仲良くなった。肉をいつも焼いているお兄ちゃんとも友達になった。

別れが辛い。

自分がオリンピック・パラリンピックを通じて、日本チームを応援するときに必ずしていた「必勝」の鉢巻きを彼にあげることにした。
ここのギロピタを食べて、いっぱいパワーをもらったから、あれだけ熱く応援できた。この店がなかったらどうなっていたことか・・・

お返しに店の名前の入ったキャンドルスタンドをもらった・・・本当にありがとうといいたい。

またいつか必ず戻ってきたい。一緒に撮った写真は、ポストカードにしておくって上げよう。名前をもらったら、ロシア風の名字。こいつ、生粋のギリシャ人じゃなかったのか・・・^^;

日本に帰ったら、絶対食べたくなるだろうなぁ・・・
沖縄でギロピタ屋でもオープンしようかしらん。すっごい「味くーたー」だし、ウィルチェアラグビーの仲里や彼の家族も「でーじうまい!」と言って「ちゃー食べ」してたから、受けるんじゃないかな・・・
・・・いや、自分が食べたいから。 ^^;

本当にありがとう! また絶対食べに来る!

明日から数日は多分この格好
明日から数日は多分この格好

最後の一個
最後の一個
| Athens & Greece | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
アテネよ 恥を知れ
今使っている、ザピオンプレスセンターは、オリンピック期間中は24時間あいていて、ネットのスピードもメインプレスセンターよりも速いし、最高の環境で、我々も心行くまで仕事をすることができた。

ところが、オリンピックが終わったとたん、午前8時から午後10時までの営業になってしまった。当然、パラリンピック中は24時間に戻すのだろうと思って、オリンピック終了後に「ちゃんとパラリンピック中も24時間あけてくれるよね?」と確認したところ、「もちろんあけますよ」と現場の責任者から回答が返ってきた。

それがどうだろう。パラリンピックが始まっても24時間に戻す気はない、という。あわててザピオンのプレス対応の責任者である Panagiota Komodromou Parmaki 氏 (Head of Public Relations, Secretariat General of Information, Public Relations) に掛け合ったが、全然取り合ってくれず門前払いだ。
日本大使館のオリンピック担当の方からお願いしてもらっても、譲歩してくれようともしない。

午前8時から午後10時というのは、パラリンピックで各競技のゲームが行われている時間とほぼ同じだ。つまり記者連中はこの時間帯は競技場にいるわけで、その時間プレスセンターを開けていて、競技終了後のプレスにとって一番ホットな時間帯に閉めているというのは、サイクルがわかってないとしか言いようがない。

それよりも、オリンピックとパラリンピックを同等に扱かわずに、様々なサービスがオリンピックに比べて遙かにダウングレードしているのは、どうしても納得できない。しかも、この記事のように、障害者の観客やジャーナリストにも、ほんとに「バリアフル」なことが多く、みんな怒っている。

アテネもやっぱりバリアが多い

パラフォトにも車椅子のジャーナリストが2人ほどいる。平野さんもその一人だが、いろいろなバリアに遭遇して、毎日本当に難儀をしている。

ザピオンが24時間開けないのは、単にコストがかかるから、ということだけだろう。パラリンピックのことや、取材のサイクルなど、何も考えていないのだろう。

今回遭遇したいろいろな「バリア」で、アテネは障害者に対応する準備も理解も全くなってないことがよくわかった。ここは障害者スポーツの大会を開くべき場所ではない。

アテネは、恥を知るべきだ。

ギリシャの人々は、本当に心あたたかい、親切ないい人が多い。それだけに、このことがとても残念だ。

このことは今後、いろいろ取材して書いていくつもりだ。


毎晩10時にはザピオンから記者たちがたたき出される
毎晩10時にはザピオンから記者たちがたたき出される
| Athens & Greece | 17:22 | comments(1) | trackbacks(0) |
アテネもやっぱりバリアが多い
昨日、OAKA のそばにある メディアセンターに行って、ようやくパラリンピック用の ID を手に入れた。

たまたま、パラフォトの取材メンバーの一員である服部さんたちと一緒に言ったのが、服部さんは障害者で車椅子で移動しているので、図らずもアテネの街や会場内のアクセシビリティーを試す結果になった。

まず、シンタグマ近辺での移動が大変だ。坂が多い上に、歩道が狭く、歩道への上り下りのスロープがほとんど無い。15cm以上の段差を上ったりジャンプして降りたりすることの連続だ。

地下鉄はエレベーターが完備されているのでスムーズに移動できたが、もちろん1機しかないので、選手団のような形での移動は大変だろう。

次に会場。歩道がきれいにできてはいるが、かなりの部分で土がむき出しになっていて、砂利道になっている。バスの乗り場方面へは砂利道を通っていかないと無理だ。

メインスタジアムではもうてんてこ舞い。まずボランティアの係員が、何がどこにあるのか全然把握してない。プレスセンターへのアクセスも、さんざんたらい回しにされたあげく、開会式のリハーサルをやってて思うようにいかない。

最後に乗ったオリンピックバスは、ちゃんとスロープが自動で出てきて、気持ちよく乗ることができた。

うーん、まだまだだ・・・

会場内の砂利道を行く
会場内の砂利道を行く

メインスタジアム内のエレベータは、工場でよく見かけるタイプ
メインスタジアム内のエレベータは、工場でよく見かけるタイプ

自動的に出てくる、バスの車椅子用のスロープ
自動的に出てくる、バスの車椅子用のスロープ
| Athens & Greece | 14:11 | comments(0) | trackbacks(2) |
25メートルもあったのか・・・
車いす用エレベーター登場 アクロポリスの丘に優しさ - 共同

先日行ってきたアクロポリスにある、車椅子用のエレベーター
だが・・・
エレベーターができたのは、パルテノン神殿があるアクロポリスの丘の北西側、高さ約25メートルの壁面。
25メートルもあったのか・・・
自分には無理です・・・・

高所恐怖症とは一生つきあっていかないといけないんだろうなあ・・・
| Athens & Greece | 02:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
やっと買えたよGパンが
昨日今日と寒さ対策の服を探していたわけで、運悪く週末に当たってしまったためなかなか開いている店がみつからった。

先ほど、意を決してオモニア広場近辺に行ってみたら、やはりほとんどの店は閉まっていたのだが、一軒だけ開いている服屋があったので、ジーンズとシャツ、Gジャンを買うことができた。助かった。

オモニア広場の近辺は、なんだか、とってもすれた感じで、あまり雰囲気がよくない。少し横町にはいると、とても夜はこの辺は歩けないな、という感じになるので、あまり近寄らないようにしていた。先日、ギリシャがアルバニアとのワールドカップ予選に負けた後、乱闘があってアルバニア人が刺されたのはこの近辺である。
シンタグマ広場近辺は、その点、国会議事堂や観光地のプラカ地区が近いせいか、とても洗練されていて、夜歩くのもはるかに安心だ。

ジーンズとジャンパーあわせて18ユーロと安かったのはありがたいんだけどね。

一軒だけ開いていたオモニア広場のそばの服屋
一軒だけ開いていたオモニア広場のそばの服屋

あわせて18ユーロなり。安い。でもポケットがマジックテープになってるし・・・
あわせて18ユーロなり。安い。でもポケットがマジックテープになってるし・・・
| Athens & Greece | 01:48 | comments(3) | trackbacks(0) |
日曜日はお休みの日
昨日、土曜日に買い物に出かけて、空振りしてしまったが、今日の日曜日も繁華街の商店街はほとんど閉まっている。

シンタグマ広場のそばの Ermou通りも、多くの観光客が集まっているのだが、開いている店は一軒もない。
昨日と同じく、カフェとレストランだけが、渋々昼過ぎから店を開ける、という感じだ。

日本人は、休みになると「なにかしなきゃ」みたいな感じになってしまう人が多いけど、こちらギリシャの人は「休みっていうのは、全てを休む日」という感じだ。

今日も寒い思いしなきゃならないか・・・

日曜の Ermou通り。こんなに人があふれてるのに、開いている店は無し
日曜の Ermou通り。こんなに人があふれてるのに、開いている店は無し
| Athens & Greece | 20:24 | comments(4) | trackbacks(0) |
アクロポリス・パルテノン神殿へ行ってきました
アテネに来てから一ヶ月。
住んでいるアパートから目と鼻の先にある、アクロポリスに、ようやく、ついに行ってきた。
パラリンピック前に行って来ないと、時間的に、もうチャンスはないと思ったから・・・

アクロポリス、パルテノン神殿に関しては、語り尽くされているだろうから、説明不要だろう。写真を見てほしい。

とにかく、すばらしい遺跡だ。

そして、すばらしい保存状態だった。どこからどこまでが復元なのかが今ひとつよくわからないのだが(それほど精巧な復元作業がなされていると言うことなのだが)、とても2500年以上前のものとは思えない。

ヘロデス・アティコス劇場。照明セットや舞台がしつらえてあり、現役の劇場として使われているようだ
ヘロデス・アティコス劇場。照明セットや舞台がしつらえてあり、現役の劇場として使われているようだ

パルテノン神殿。問答無用の存在感
パルテノン神殿。問答無用の存在感

突端の展望台からアテネ市内を望む。中央がマラソンゴールになったパナシナイコ競技場、左にザピオン展示場(プレスセンター)、右手前がゼウス神殿
突端の展望台からアテネ市内を望む。中央がマラソンゴールになったパナシナイコ競技場、左にザピオン展示場(プレスセンター)、右手前がゼウス神殿

博物館にある彫刻。2500年前のものなのに、すばらしい保存状態。どこからどこまでが復元なのかはよくわからない
博物館にある彫刻。2500年前のものなのに、すばらしい保存状態。どこからどこまでが復元なのかはよくわからない

神々のレリーフ
神々のレリーフ


ところで、「パラリンピックに備えて、アクロポリスにエレベーターがついて、車椅子でも見学できるようになった」、と言うニュースがあったので、どんなものか見て来た。
アクロポリスの北側の壁に、ちょうどビルの工事現場でよく見かけるような、「はしご車のはしご」のようなゴンドラ式のエレベーターが取り付けてある。

パルテノン神殿のレベルにある、エレベータの乗車・降車口。断崖絶壁の上で、空中にせり出している
パルテノン神殿のレベルにある、エレベータの乗車・降車口。断崖絶壁の上で、空中にせり出している

とにかく、ビルで言うと 8〜10階分くらいありそうなアクロポリスの絶壁にとりつけてあるわけで、重度の高所恐怖症である自分にとっては、もう見ただけで腰のあたりがじーんと来て、足が動かなくなってしまった。
ゴンドラが下の方に見えたが、たぶんゴンドラに乗ると外は見えないようになっているのだろう。すごく下にあるので、大きさはよくわからなかったが、たぶん車椅子一つと介助者が一人乗れる程度だろう。下から一気にパルテノン神殿のあるレベルまで上げるわけだ。

断崖絶壁の下に見えるゴンドラ車
断崖絶壁の下に見えるゴンドラ車

高さはビルで言うと 8〜10階分くらいあるのでは
高さはビルで言うと 8〜10階分くらいあるのでは

大倉山のジャンプ台を思い出した
大倉山のジャンプ台を思い出した

アクロポリスの外から見たエレベータ。先ほど下にあったゴンドラが上にあがっている。乗車口は写真の下の方の木の陰にある
アクロポリスの外から見たエレベータ。先ほど下にあったゴンドラが上にあがっている。乗車口は写真の下の方の木の陰にある


上のパルテノン神殿のレベルには、車椅子で通行できるように、新しく歩道が作られているが、坂になっているところが多いのと、元からある大理石の歩道は、岩があちこちに出ていて、なおかつ人がたくさん歩くものだから、かなりの部分がつるつるになっていて、とても滑りやすい。普通に歩いていても注意しないと滑って転びそうだ。介助者なしでの見学は不可能だろう。
沢山の彫刻やレリーフが展示してある博物館にも、スムーズに降りられるようになっている。


新しい車椅子用の歩道。かなりな坂になっている
新しい車椅子用の歩道。かなりな坂になっている

博物館に降りるエレベーター
博物館に降りるエレベーター

パルテノン神殿脇の車椅子用歩道
パルテノン神殿脇の車椅子用歩道

ツルッツルになっている大理石の階段
ツルッツルになっている大理石の階段

ふもとの方の入り口に降りてみると、車椅子の障害者用の専用の入り口ができていて、先ほど上から見たエレベーターの乗り場までスロープが降りていた。アクロポリスの地下鉄の駅から、この入り口に来るまでにはだいぶ坂を上らないと行けないし、車で入り口近くまで来ても、ゲートまでかなり上るので、これも介助者無しでは無理のようだ。


身体障害者用の入り口の看板。真新しい
身体障害者用の入り口の看板。真新しい

障害者用入り口は、一般見学者の出口になっている。左奥の方に行くとエレベーターがある
障害者用入り口は、一般見学者の出口になっている。左奥の方に行くとエレベーターがある

いずれにしても、このすばらしい遺跡に、車椅子の障害者が来られるようになったと言うことはすばらしいことだ。一度にたくさん来るのは難しいかもしれないが、2〜3人くらいの小グループで来れば、スムーズに見学できるだろう。
競技の終わった選手には、ぜひこのすばらしい「未来への遺産」をじかに見てほしいと思う。
| Athens & Greece | 03:42 | comments(5) | trackbacks(2) |
シンタグマからトラムに乗ってみた
・・・で、早速なので、シンタグマからトラムに乗ってみた。涼しくなってきたので、秋物の服と、パジャマを買いに出かけた。寝冷えして風邪でも引くと困るから。

シンタグマ駅から乗り込む
シンタグマ駅から乗り込む

トラムの運転席は、基本的にチンチン電車と同じようだ
トラムの運転席は、基本的にチンチン電車と同じようだ


Aghias Fotinis-Platia という長い名前の駅で降りて、秋物のシャツとパンツを探して購入。パジャマも買ったが全部で40ユーロほどした。

この服を着れば、ギリシャ人っぽく見えるのか・・・
この服を着れば、ギリシャ人っぽく見えるのか・・・

そのあと、海が見たくなったので、トラムに再び乗って、海岸沿いまで出る。

ちょうど日没で、きれいな夕焼けだった。

ピレウス方面に落ちる夕日
ピレウス方面に落ちる夕日

帰りがけに、トラムの中で、ギリシャで体操のコーチをしている母とその娘に出会って、いろいろ話が弾む。「日本は今回体操で金メダル取ったわね〜!最近はロシアと中国が強くって、ヨーロッパ勢はだめだわ!」などとオリンピック話で盛り上がる。沖縄の絵はがきをあげると、とても喜んでくれた。出身だというアスティパレア島の夕焼けの画像を携帯で見せてもらう。

体操コーチと、その美しい娘さん
体操コーチと、その美しい娘さん。娘さんも体操をやってるのかは聞き漏らした

よく見ると、トラム内に車椅子で乗っている人がいる。ベルトをして車椅子が動かないように簡易的に固定しているようだ。たぶん車掌が介助しているのだろう。

ベルトで固定し、クッションを当てている
ベルトで固定し、クッションを当てている

日本の電車にも、こういう仕組みがあればいいかもね。
| Athens & Greece | 03:53 | comments(1) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
アテネ現地レポート一覧は
下記をクリック
8月分:オリンピック
9月分:パラリンピック

後から写真を追加したタイトルには
* がついています。続々追加中です。
Paraphoto, Paralympic!
なごやんのパラリンピック取材記事・写真がパラフォトの2004アテネ取材プロジェクトのホームページに、掲載されています。
アテネ取材プロジェクト
なごやんの取材記事・写真
+ LATEST ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MY BLOG LIST
+ PROFILE
+ QR CODE
qrcode
+ OTHERS

シンプルなカウンター素材と無料レンタルカウンターの「pitacount」 since 5/26/2004

このページの先頭へ