たおやかなるアテネの空の下で

アテネオリンピック・パラリンピックを現地観戦して日本代表を応援するブログでした。
主にバスケットボール・ウィルチェアラグビーを中心に応援しています。
同じアドレスで携帯からも読めます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
セネガルからの留学生
昨日に引き続いて、台風の暴風雨の中を、全九州高校バスケットボール大会を見に行った。午前中から行われる予定だったが、暴風警報発令中ということで、午後から男女の準決勝・決勝と3決でシード校決定戦が行われた。

ベスト4に残ったチームは以下の通りだ。
男子:福岡第一(福岡)、延岡学園(宮崎)、福大大濠(福岡)、前原(沖縄)
女子:中村学園女子(福岡)、慶誠(熊本)、九州女子(福岡)、県立大分鶴崎(大分)

このうち福岡第一、延岡学園、慶誠、九州女子の4チームに背の高いアフリカからの留学生が各チームあたり1〜2人含まれている。昨日の準々決勝で中村学園女子に敗れた鶴鳴学園長崎女子にも一人いた。ほとんどがセネガルから来ていると言うことだ。

当然ながら留学生がポストアップしてボールが集まる。リバウンドは2m超の留学生の独壇場だ。留学生をセンターに据えたゾーンディフェンスを主戦法にするチームも多い。女子の留学生にはバスケットのスキル自体がまだまだの子もいて、ゴール下でのスクリーンアウトやポジショニングが悪かったり、相手のクイックネスにやられる場面も多かったが、男子の方はどの留学生もある程度のレベルがあった。

準決勝からは留学生同士がマッチアップするカードが多くなった。特に男子で、留学生同士がポストアップしての激しいポジション取りの争い、非常に高いリバウンド争い、そしてド派手なアリウープやダンクを見ていると、これは本当に高校の大会のバスケットなんかいな?、という感じだ。

高校で留学生を連れてきて試合に出すこと自体の是非を云々する気は特にない。もちろん、ガード/フォワードにもすばらしいスピードの選手がたくさんいて(特に福岡第一の#4竹内と#8竹野のクイックネスはすばらしい)、トランジションの切り替えもファストブレークも非常に速い。ゲームコントロールや留学生をうまく使ったピック&ロールなどのプレーもレベルが高かったし、対戦相手も含めて、選手として若い時から外国人とプレーするいい経験ができているだろう。

ただ、ゲームでは留学生にはボールが本当にすんなり入るし、入れたらお任せのケースがほとんどだ。例えばスピンムーブからパスアウトしての合わせのなどプレーはほとんど無く、留学生を使うプレーとそれ以外、と言う感じにプレーがきれいに色分けされているように見えた。また、正念場の時間帯は、どうしても留学生頼りになってしまう。

以前のエントリーで紹介した、中村和雄さんの著書「心をこめて」にも、昔の日本リーグ時代に、彼の指揮する共同石油がシャンソンや東芝に入ったアン・ドノバンらの外人勢にやられて勝てなくなり、ジョージア大のマックレインを獲得して再出発する際の葛藤が描かれている。中村さんが日本人選手に口をすっぱくして言い続けていたのが「マックレインに頼るな」ということだったそうだ。また、日本人選手も
「シャンソン・ドノバン、東芝・ウェルズ、テーラーたちとの戦いはマックレインに全て任せ、自分たちは日本人と戦う」
ようにして、逆に自分たちのシュート力、各種の個人技のをのびのびとレベルアップさせることに成功したとのことだ。おそらくこの大会での留学生を擁するチームも、同じような形で指導されているのだろう。

逆に、女子で優勝した中村学園女子は、エースセンターの#10藤吉を軸にして、#4橋口・#11中山の2人のガードのゲームコントロール、#7木村の正確な3Pと、日本人だけでのチームプレーで留学生を擁する長崎女子、慶誠を寄せ付けずに完勝していた。コート上の5人のバランスがとてもよくて、相手の留学生を中心としたゾーンディフェンスを面白いように切り裂いていた。特に#10藤吉は留学生を相手に全く当たり負けせず、クイックネスで振り切ってのジャンプショットもほとんどミスせずに入れまくっていたし、3Pも確率が高い。試合が進むにつれてリバウンドでも留学生に対してポジション取りきっていた。中学生のとき全日本ジュニアにも選ばれているし、将来もしトップリーグに行ったら、ポジションが変わっても非常にいい選手になるだろう。

この中から北京オリンピックの日本チームを担う選手が出てくることを期待したい。この日のスコアは掲示板に、また観戦したゲームのレポートと写真はこちらにアップする予定。

会場で鶴鳴長崎女子を率いる山崎純男さんをお見かけした。彼がチーム創りの軌跡をつづった『大野慎子物語―チームを創る・鶴鳴「風軍団」の記録』を読んでいたので、ぜひ少しでもお話を伺いたかったのだが、お忙しそうだったので声をかけそびれた。残念である。
準々決勝で中村学園女子に敗れたが、1Qは長崎女子のほうが流れを掴んでいた。中村学園相手に一番善戦していたと思う。この試合のスコアレポート(PDF)もすばやくアップされている。


#15ジャトゥ(長崎女子)に当たり負けない#10藤吉(中村学園)


#12ラマトゥレイ(慶誠)をクイックネスで抜く#8田上(中村学園)


#10藤吉と#12ラマトゥレイのマッチアップ


ゴール下で留学生(#7ママドゥ)に持たれるとどうしようもない(延岡学園-福大大濠)


#11ブーバーカー(福岡第一)相手にいい勝負をした#6上原(前原)


広いスペースを作って留学生同士に1対1をさせるケースが多くなる(延岡学園#7ママドゥと福岡第一#12ヌロ)


能力の高いガード同士のキーマッチアップ(延岡学園#4大田と福岡第一#4竹内)


すばらしいクイックネスで#15パプ(延岡学園)を抜く#8竹野(福岡第一)

アテネオリンピック開幕まであと54日。
| Basketball | 05:37 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 05:37 | - | - |
FTPサーバが落ちてるか混雑してるみたいでなかなか写真他がアップできません。うーん・・・
| なごやん | 2004/06/21 10:20 PM |

写真のみ、やっとアップできました・・・
| なごやん | 2004/06/22 4:42 AM |

なごやんは 見ましたか?
今日 発売の週刊フラッシュ。
高校バスケットはどうなるのでしょうか?
| 観戦者 | 2004/11/16 9:33 AM |










http://nagoyan.jugem.cc/trackback/37
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
アテネ現地レポート一覧は
下記をクリック
8月分:オリンピック
9月分:パラリンピック

後から写真を追加したタイトルには
* がついています。続々追加中です。
Paraphoto, Paralympic!
なごやんのパラリンピック取材記事・写真がパラフォトの2004アテネ取材プロジェクトのホームページに、掲載されています。
アテネ取材プロジェクト
なごやんの取材記事・写真
+ LATEST ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MY BLOG LIST
+ PROFILE
+ QR CODE
qrcode
+ OTHERS

シンプルなカウンター素材と無料レンタルカウンターの「pitacount」 since 5/26/2004

このページの先頭へ